about us

今、物語がはじまる・・・

project

「地ビール」への“こだわり”と「地域の食材を使った食」への“こだわり”
「今だけ、ここだけ、あなただけ」の地ビールと食の提供を追求します。

 

地域内外の皆様や諸団体と連携し、地産地消、六次産業化、農福連携などをつうじて、「まちづくり」の新たな拠点となるよう、地域ぐるみのBREWPUB(ブルーパブ)を展開してまいります。

 

 

 

持続可能な地域の創造を理念として、上田 道と川の駅の管理・運営(指定管理)や道路協力団体・河川協力団体として地域事業を展開している「おとぎの里」が酒類製造免許の取得と施設管理をサポートし、また、天神BREWERYの事業に共感する皆様が運営をサポートし、2021年11月6日のオープンを予定しています。
また、天神BREWERYは、3年後の酒類製造免許の本申請前に法人化を目指しています。クラウドファンドで応援いただく皆様からのご支援は、ブルワリーづくりの資金に活用させていただき、上田産の地ビールを皆様とともに育んでまいります。

member

プロジェクトメンバー紹介
上田で初めてのBREWPUBづくり。一からの挑戦! プロジェクトメンバー紹介

【PROJECT LEADER】
石井侑馬 上田市在住
会社役員、
ロンドン留学で本場のクラフトビールに魅了され、上田のまちづくりの一役を担うべく、天神BREWERYの立ち上げを呼びかけた。プロジェクトリーダー兼ブルワー。
【PROJECT MEMBER】
井上繁樹 静岡市清水区在住
会社役員、海外の学童支援・交流を目的としたNPO法人理事(事務局長)
中部横断道の着工を受けて南北交流を目指して活動。その中で上田市の皆さんと出会い地域性や取組に共感し今回のプロジェクトに参加。
海外とのネットワークを活かし、様々な交流を広げていきます。
モットーは「訪れた国や地域のビールを片手に、ツマミは親睦、どんな言葉もOK、ハートでつながります。」
【PROJECT MEMBER】
石井芙美香上田市在住
会社役員、調理師
㈱おとぎの里取締役兼調理師として、上田 道と川の駅のレストランを運営。地産の素材を活かした各種メニューを提供している。
天神BREWERYでは、「地産地消アラカルト」をコンセプトに、地域色満点のビールに合うオリジナルメニューの開発と調理を担当する。
【PROJECT MEMBER】
黒崎哲幸 上田市在住
指定管理団体職員、
国内旅行業務取扱管理者、ジオガイドで、広報担当。信州上田の地勢を活かしたおいしい6次産品、天神BREWERY地ビールを広めていく。
【PROJECT MEMBER】
石井孝二 上田市在住
地域事業の経験と実績を活かし、様々な分野で天神BREWERYをサポート。

店舗改修プロジェクト

【PROJECT MEMBER】
天神BREWERY設計
長濱初仁 東京都中野区在住
株式会社エイトプラス代表取締役、インテリアデザイナー
上田千曲高校建築科を卒業し建築の専門学校に進学のため上京。
その後、帰郷せず商業施設のデザイン事務所を数社経て2008年に独立し株式会社エイトプラス設立。現在に至る。
現在ロードバイクにはまり休日に100kmをライドするのが喜び。
【PROJECT MEMBER】
店舗施工請負
窪田秀徳 上田市在住
窪田建設株式会社 代表取締役
ノルウェー「リレハンメル(ノルウェー)オリンピック」から「長野冬季オリンピック」の繋がりを契機に”HYYGE(ヒュッゲ)”=いつまでも居心地のいい時間、空間の家を…を掲げ、「ノルウェーハウス」を自社にて開発。
また、「平屋から考える家づくり」「家族をもっと幸せにするために」とし「縁側家族」ブランド3シリーズ6ラインナップも立ち上げる。
日常は、1970年頃からの国内外のロックを心の栄養に地域の豊かさ活動も楽しむ。
【PROJECT MEMBER】
家具製作
黒ちゃん 上田市在住
天神ブルワリーの家具づくりに取り組んでいます。
【PROJECT MEMBER】
総合プロデュース
石井孝二 
上田 道と川の駅 代表世話人
2019年の19号台風は、上田地域にも甚大な被害をもたらし、上田 道と川の駅も河川敷の施設が壊滅的な被害を受けました。公園の林道や園路は、倒木で塞がれてしまいました。
何十年もの間、地域を見守ってきた木々を、処分してしまうのはもったいないと、また、多くの皆様に見たり触れたり、使ってもらいたいと思い、その倒木を乾燥、製材し、天神ブルワリーのテーブルや椅子を製作しています。

message